8月15日ラジオ

サザンリクエストパート3:録音

YOU
前この番組で言いましたよね、今回の葡萄のツアーでね、1曲目にやろうかと思っていたけどやめたんだよねって言いましたけど、実際練習してたんです。で、あのぉ、1日目と2日目はね、まぁよくやりがちなあれなんですけど、メニューを変えて、いま”ある曲”をやっているんですけども、その曲とてれんこでやろうと。1日目はコレ、2日目はYOUみたいな、やろうと思っていたんだけど、やっぱりねぇ、そのいまやってる曲の方がテンションが高くてですねぇ、このYOUを1曲目にすると、前もやったよね、っていう雰囲気になってくるんでねぇ、もう1曲に絞りました。不思議なもんでございます、ライブというものはね。

女呼んでブギ
これはデビューアルバムに入っているんですけども、デビューする前から学生時代から、まぁあちこちで、我々やってましてね、そして中野サンプラザで、EastWest’77っていうね、大会があったんですよ、アマチュアのね、それを見ていてくれたのが、いろんな方いまして、細野さんとか、細野晴臣さんとか、上田正樹さんとか、渋谷陽一さんとか、もういろんな方、お歴々が見て頂いててて、すごい審査員だったんですよ、斎藤ノブさんとか、えぇ。それで、たいしてすごくないビクターの高垣さんが、我々をひろってくれて(笑)ちょっとレコードだすつもりあるのぉ?とかって言われてねぇ、まぁそれから拾って育ててもらったんですよね。

まぁこの頃シャッフルが多かったですねぇ、曲作ると、なんていうんでしょうねぇ、あのシャッフルってズンズタッカ、ズンズタッカってね、この普通の8ビートの曲はあんまりなかなか僕作れなかったんですけど、これなんかでもね、キーがDなんですけど、女呼んでブギ。それでもちろんAメロがDだし、こういう進行で、またサビがイェー、ベイベーってこの辺ちょっとねぇ、時代を感じるんですよ。イェー、Dで。ルートのコード弾きながら、C#m7ってね、音があの、このコード僕選んでるんですけど、なんだろね、やっぱこの頃、フュージョンっていったかは憶えてないけど、ちょっとね、こうジャズ崩れみたいなものが、ラリー・カールトンだとか、リー・リトナーとかね、クルセイダースとか、なんかちょっとこうテンション使ったり、ジャズのようなそういう一連の流れがあって、それに憧れていたんです私も、サザンオールスターズも、えぇ、それでなんとなく、いまだったらこんなコード進行、絶対使えないなっていうかね、よくこんなこと思いついたなっていうような、逆にね、感心してしまうんですけどね。

忘れられたBIG WAVE
あの、稲村ジェーンという映画を作った時に、ちょうど達郎さんもその時ね、ビッグ・ウェイブっていう、なんか、イタリアかなんかの監督の映画をね、達郎さん音楽だけ担当されてたんですけど、それをね、達郎さんと逢ってその話を聞いて、要するになにが言いたいかっていうと、達郎さんのオマージュです。えぇ。達郎さんがよく一人でアカペラをやられているんですけど、えぇ、僕もこれをそれをちょっとやってみたっていう、クリック聴きながらですから、達郎さんよりも簡単な条件でやってますし、ベースはできなかったんでで、ボンボンって口ベースはサンプリングです。達郎さんはそんな事しません。

それでまぁコレ達郎さんのオマージュみたいな気持ちで作ってね、一人で録音してってですね、ヤシロくんって方が色々、音録ってくれたんですけど、キーボードの。達郎さんのマンション行きまして、まりやちゃんももちろん結婚していらっしゃいまして、聴いてもらったんです。できちゃったこんなの。ちょっとこわくてね、達郎さんだから。ほんで、いいじゃんよくできてるよなんて言われたのを憶えているんですけど、うーん、でもまりやちゃんかな、達郎さんかな、あのやっぱすごいなと思ったの、あっ、このベースはあれね、打ち込みねって、言ってないのにね、わかっちゃってね、それで(笑)バレなきゃいうつもりなかったんですけどwすぐ見破られましたけどね。えぇ、ファルセットきれいだねぇとかいって、あっでもベースは打ち込みだねって、あ、悪いことできないなぁって思ってましたけどね。

ワイングラスに消えた恋
これ実はですねぇ、今回の葡萄のアルバムの中で、オケはもしかしたら1番最初にできていたのかもしれないんですが、実はこれ僕が歌う予定の曲だったんですね。それで、僕が歌うってことはキーが男キーなんです。いまコレ原さんCmで歌ってますけど、Gmで歌ってたんで、でもう島健さんにお願いしてね、いつもの島健さんにお願いして、あのブラスとかストリングスとかシンセで入ってたんですよ。それでまぁアレンジを女性用に原坊用にこうまた書きなおしてもらわなきゃいけなくて、そうなってくるとフレーズとかやっぱり、生楽器の関係状変わってくるんですね、あの出ない音とか出てきちゃうんで、それでねぇ、まぁ島さん色々こう考えてくださって、ご苦労なさってくれてねぇ、また色々プラス弦を書きなおして頂いたんですけど、でもこれちょっとCmに書きなおしたら、このトランペットはまず出ないんじゃないかっていう音があったんですよ、コレ結構キツイかもしれないけどなぁっていって、チビちゃん、西村さん来たらね、すぐパァッーって出ましたけど、笑いました。散々っぱらね、申し訳ないな、出なかったらね、まぁ島さん自分で譜面書いておいて、ほんとに、僕キー変えてくれっていったからいけないんですけど、えぇ、ほんとにね、素晴らしいミュージシャンがいて、ありがたいもんでございます。

青い空の心(No me? More no!)
サビとかね、マッカートニーなんかがちょっとこう出てきちゃうんですね、当時やっぱり洋楽いっぱい聴いていたしね、いま全然聴かない、ほんとにもうね、昔はレコードだとかFENとかね、全米TOP40とかね、茅ヶ崎から東京に通う車の中でね、そういうのがなんかこう血となり肉となりですね、曲のアイデアにつながっていったと、僕だけじゃなくメンバー全員そうだと思うんですけどもね、いろんな曲がね、合わさっちゃうのよ。あの、なんか具体的にこんな曲をやってみようってマネしてんじゃないんですよ。なんか沁み込んでいる事ってあるじゃないですか。意識しなくても、どっかね。うん。そっちに引っ張られちゃうっていうのがあるだなっていうのをいますごく感じますけどね、イントロね、ほとんど野口五郎と同じものがあった。コレ当時脂汗書いたことあるんですけどね、これいっちゃだめですよ。野口五郎さんのなんの曲かちょっと僕タイトルはわかんないんですけどね。

Moon Light Lover

天国オン・ザ・ビーチ
まぁ発作的にこういう曲をなんか作るんですよね、そんなにこう狙ってやるとこだと面白くないんですけど、なんかこうわさわさやっているうちにね、なんか出来てくる曲っていうのは意外と面白いんですよ。ちょっと卑猥な曲作ろうとか、面白い曲作ろうとかね、かっこいい曲作ってやろうと思ってね、狙ってやってもね、あんまりできないんですよねぇ。

希望の轍
まぁほんとに曲が化けるっていうのかなぁ、自分があんまり意図しないことで、あの、この曲をね、狙ってヒット曲にしてやろうとかって、もちろん思ってないわけで。あの、映画を作っている時に、ミゼットがこう走るシーンでね、曲を作ろうってそれだけの動機で作り始めた曲なんですけども。まぁまさかというか、結構皆さんに可愛がってもらってね。ライブなんかでもさ、よく歌って盛り上がるって、そういう風に曲がどんどんこうおかげさまで化けていくっていうのは、これはほんとに幸せな事だし、えぇ、それにしても狙って作った曲もあるんですよ。私、あのさもしいから結構(笑)君こそスターだとかね、色々ね、狙って作った曲あるんですけどね、どうもよくねぇな、狙ったもんは。そんな偉そうなもんじゃないんです、やっぱりねぇ。狙いどおりいったものはないかもしれないですね。やっぱりねぇ、たまたまできるんですよ、作品とか、仕事だってなんかそうでしょ、ね、ウケてやろうと思ってさ、世の中甘くないもんねぇ、私なんかそれを音楽で知るわけなんでございますけども。

LOVE AFFAIR~秘密のデート~
この曲私、好きですよ。これライブで歌っているときね、なんか私もね、心がどっかに飛んでいくんです。

夕方HOLD ON ME

ピースとハイライト

Oh!クラウディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です