9月5日ラジオ

お題
そんなこと聞いてどうする?とにかくしょうもない質問を桑田佳祐にぶつけてください。

DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~/サザンオールスターズ
いい曲でしょぉ、でもあんまりこの番組でかけないんですよ、おれ。もうなんでもいっちゃいますけどね、あのドラムの音よくないの。腰高で、それがきになってしょうがないの、これ聴くと、えぇ、いい曲だしね、ベースとかギター、オレ弾いてるんだけど、ベースもちょっと腰高でね、ちょっとキュって絞りすぎちゃったんですね。バンドって難しいんですよ。ほんとにね。もうちょっとこう、スネアとかね、ガチっとしてるとかね、音が太ければね、もっとこの番組でかけるんですけど、あっいけねっていう曲はあんまりかけないんですよ。

September Song/Sarah Vaughan
サラ・ヴォーンはやっぱり1番。
ニッポンのサラ・ヴォーンは美空ひばりだと私は思います。
ビリー・ホリデイがちあきなおみだと思います。

エスペランサ・スポルディングについて
可愛い、歌も上手い、エレキベースも上手い。ジャンルはどちらかというとジャズ。
ウッドベースもうまい。見ていただきたい、聞いていただきたい。

桑田佳祐の歌について
でもあれですね、うちの場合ね、極論ですけどね。あのエッチな歌っていうか、原坊というね、なんか免罪符があるかな。もちろん僕、ナンセンスとかね、下ネタとかさ元々大好きなんだけど、なんか、まぁ原坊存在っていうのももちろん原坊に悪いけどね、今思うとあったんじゃないかな、真夏の果実があってね、BOHBO NO.5があるのはね、この辺の矛盾というかね、これはなんか振り幅でもなんでもないんですよ。歌そのものがなんか、なんていうだかな、虚業というかね、歌そのものがねぇ、なんか、なににでもこう、なれるじゃないですか、こんな僕みたいな気の小さい男がね、歌うたっている時はものすごくこう、なんか強気でいられるっていうか、まぁ音楽っていうのは凄いですね。あれ、すべてだから、ズラかぶって歌っているマンピーを、あれお客さんわかっているじゃないですか、これはほんとの桑田じゃないんだっていうことを、どっかで、なにかで折り合いつけてるから、これができているだろうなっていうのはね、悲しい世界なんですけど(笑)

So What?/桑田佳祐
これは良くできてます、これは文句ないです。文句ないって偉そうだよね(笑)

Time After Time/Cyndi Lauper
歴史上十本、十指に入りますね、名曲でございます。

桑田佳祐の心境
私もね、まぁ54の時に病気したんですけどね、まぁ手術したんですけどね。それ以降ね、ギア、バックで走ってます。なんかほんと最近ね、53,4まで突っ張って生きてたんですけど、最近もう、自分の時代じゃないんだって思うようになったんです。えぇ。なんかだからねぇ、あのその世の中のトレンドにね、乗っかりきれないから、だから自分の1番好きなものを探す頃かなっていうようにね、最近思ってね、うーん、まぁもちろんいまでもね、なんかこう人気者でいたいとかそういうのはあるんですけど、末期症状ですね、だから世の中とのギャップに唖然としていたんですけど、この何年か、まぁ最近はね、好きな事をやっていこうかなっていう風におもってますけど。

湘南SPETEMBER/サザンオールスターズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です