カテゴリー別アーカイブ: 新曲情報

曽我淳一さんについて

桑田さんのニューシングルが発表になりました。3曲発表。しかもすべてA面とのこと。カップリングという位置づけの曲はないようですので、おのずと期待してしまいます。

1. 明日へのマーチ
2. Let’s try again ~kuwata keisuke ver.~
3. ハダカ DE 音頭 ~祭りだ!! Naked~

ラジオでの近況報告では常にレコーディングしている理由がはっきりしました。ライブのリハーサルなんてしているわけないでしょうし。たくさん作品を発表していただけるのは嬉しい限りです。

【Let’s try again】はオリジナル部分は昂揚感ある熱いメロディーだったり、イントロがかっこよかったりしたので、チームアミューズバージョンで消えていかずに、今回”フルコーラス書下ろしによる完全オリジナルバージョンで骨太なロックチューン”になったということでわくわくします。

そのチームアミューズによる【Let’s try agein】の歌詞カードで「Arrangiment:桑田佳祐&曽我淳一」とクレジットされてました。また、先日新曲【明日へのマーチ】をラジオで初オンエアーしたあとのクレジット読みあげにて、楽器演奏(うまく聴きとれなかった。チェレスタ?とか)で曽我淳一さんが加わっているようでした。最近のレコーディングでご一緒してそうな曽我淳一さんという方を知らないので検索してみました。

曽我淳一さんについて

曽我淳一ツイッターアカウント
トルネード竜巻というバンドを結成していた。
■所属レコード会社はビクターエンタテインメント・スピードスターレコードとのこと。
■1976年生まれ
■バンドでキーボードを担当
いずれ桑田さんの口から曽我さんについて語られるのが楽しみです。

2011ドコモCMソング発表

本日桑田さんがドコモのCMソングを書き下ろしたとの情報が発表されました。
最近のラジオでレコーディングをしていると言っていたのは、この書き下ろし新曲のことだったということでしょう。

発表されている新曲情報をまとめると
■2本のアコースティック・ギターとフリューゲルホーンで紡がれるしっとりとした曲調。
■しっとりとした雰囲気の中に郷愁が漂う。
■一度聴いたら忘れられない明るいメロディ。
■明日への希望へとつながっていくような印象をもつ曲。
ということのようです。
wikipediaによるとフリューゲルホーンとは
【金管楽器の1種であり、管の内径が太い。音色は、トランペットやコルネットと比較して、より太く、一般に「より豊かで暗い」「甘美」と形容される。】とのことです。形状はトランペットに似ているが、非常に柔らかな音がするようです。