月別アーカイブ: 2011年7月

7月30日ラジオ【生放送】

真夏のサザンオールスターズ・桑田佳祐作品リクエスト大会

「思考停止のこの企画!!いいのかこういう企画をやって。ふときづいたけど。」

■近況

・とある屋上でPVをとっていた。晴れてた急に黒い雲がきて突然雨が降ってきた。

■明日へのマーチ / 桑田佳祐

「ミュージックステーションに3週連続で出させていただく。意外と僕ねぇ緊張するんですよ。あの番組生だしねぇ。実はねぇへっぴりごしなの。いつもくよくよしてるんですけどね。タモリさんやさしいからいいんですけど。」

■C調言葉に御用心 / サザンオールスターズ

「山下達郎さんがサザンの中で一番好きだといってくれるC調言葉に御用心。ここちよかったなぁで思い出したんだけど、俺もねぇ32~33年前デビューしてまもなくね、葉山マリーナあたりでテレビの仕事があったんですよ。それでねぇ、そのとき南佳孝さんと竹内まりやさんと3人でやったの。まだわかかったよ。んでねぇ夏の夕暮れ時に番組が終わってねぇ、おれなぜかねぇ、まりやちゃんとふたりで俺が運転する車で、助手席にのっけて彼女、なんか渋滞する中を帰った思い出がすごく色濃くあってねぇ。思い出すと幸せになるんだけどねぇなんか、なんか不思議なんだよ。それで渋滞したりして葉山マリーナの前の細い道。それでねぇなんていうのかなぁ。いい意味で彼女おねえちゃんみたいとこあってねぇ、とってもこぉー凛としたっていうんですかねぇ、ほんとそういうところがあってね、みなさんご存知でしょうけどね。結婚前だったけどね、俺も彼女もね。タツローッて感じ。んなぁことないんですけどねぇ。ちょっと思い出しました。」

■シュラバ☆ラ☆バンバ / サザンオールスターズ

「ミュージックステーションもなんかクヨクヨするんですけどね、本番があるなぁと思うとねぇくよくよする。宮城ライブも後悔している。どうしよーかなぁーって、だいたい俺本番前の数日前ねぇひどく地獄のように落ち込む。なんか本番直前になるとなにか不思議な自信のようなものがおりてきて、スイッチがはいるんですけど。」
「浴衣の女の子とデートなんかしたことない。実はしたことないのよ。花火は茅ヶ崎でねぇ、俺姉貴といったことぐらいの記憶しかだいたいないの。だから花火大会というだいたい色事に利用する、お前みたいな奴が(山内さんのこと)ね、そうですよもう。色事に利用するようになったのはいつの時代からなんでしょうねぇ。【サザン マネージャー 笑う強姦魔】で検索するとでてききますよね。君の名前がね(山内さんのこと)大阪レディブルースで検索すると。

■冷たい夏 / サザンオールスターズ

「俺ヒルガオ好きなの、ハマヒルガオ。」

■新曲発表コーナー Let’s Try Again / 桑田佳祐

「これはチームアミューズでうたった。あれもねぇ僕がサビをつくったんですけど、このサビをちょっと枝をつけてふくらませたっていう部分で、もうちょっと言い足りないないことがあるなぁという部分が多々あった。
桑田佳祐 ボーカル・アコースティックギター・ハンドクラップ
斎藤誠 アコースティックギター・エレクトリックギター
角田俊介 ベース うまいねぇ。
河村智康 ドラム&タンバリン タンバリンもカースケすばらしい 結構タンバリンがひっぱってるね。
曽我淳一 ピアノ&コンピュータープログラミング ありがとう
山本拓夫&吉田おさむ テナーサックス
西村浩二&菅坂まさひこ トランペット
安奈陽子&清水良恵 コーラス
401stオールスターズ シャウト&ハンドクラップ 
「中西くんと藤原さんと歌舞伎町でいつも遊んでるたなかっちとひょこぼうおのちゃんね、ごうかんま山内くん。中西の声が通ってる、さがれさがれっていうんだけど、あいつの声ばっかり聞こえる。加工しきれなかった。」
「アミューズバージョンは打ち込みでやってたんだけど、今回人間でやり直しましたし、色々リズムなんかも変わったり、メンツもかわっておりますし。」
「宮城ライブで歌いたかったんだよねぇ。そういうこともあってサビをふくらましたんですけど。」
「あの映像がなければ作らなかった。あの映像があったしね、あの一日とてもいいものもらったねぇ。アミューズの福山くんもポルノもアキヒトもうみがみもごうも三浦春馬とかみんなもうすばらしかった。」

■月 / 桑田佳祐

■BLUE HEAVEN / サザンオールスターズ

■涙の海で抱かれたい / サザンオールスターズ

■風の詩を聴かせて / 桑田佳祐

■新曲ジャケットについて

「うちの若いスタッフが勝手に考えたポーズでありまして、デザインでありまして、いい意味でね、いまのスタッフ達は明るくどんどん私を引っ張ってくれましてすごくやりがいがあって楽しい。」

■新曲発表コーナー ハダカDE音頭~祭りだ!!Naked~ / 桑田佳祐

「ひどいね。これ。これ許可とってないでしょ。AKBに。アミューズはいいけど、まずいんじゃないのかなぁ。ピンクレディーとか、猪木ですよ。アミューズはよくても、秋元許さないよ。赤坂おこるよ。」
「クレイジーキャッツみたいだねぇ。そのままじゃないかって。」
フルバンド入ってる。
斎藤誠 エレクトリックギター 三味線も弾いてます。なんでも弾く男ですね。
角田俊介
鎌田清
曽我淳一
山本拓夫
原由子 ハンドクラップ
金原千恵子
今野多久郎 チャンチキ
安奈陽子 コーラス 合の手

■真夏の果実 / サザンオールスターズ

■本当は怖い愛とロマンス / 桑田佳祐

来週は録音

7月23日ラジオ

【録音】燃える夏に聴きたいサザン・桑田リクエスト

■近況

・マスタリング終わった
・トリプルA面のCDが出来た。
・ジャケットも出来た。
・テレビ出演も決まった。
※来週3曲すべてオンエアー予定
「1曲14,000円、いえただでかけます。録音したらラジオ爆発します。」
「なでしこジャパンよかったねー。最後のPK戦で勝つまで見た。55歳。朝から泣き崩れた。」

■HOTEL PACIFIC / サザンオールスターズ

■さよならベイビー / サザンオールスターズ
・「海辺で夜酔っ払って花火やったり、バーベキューやってる人いるじゃないですか。あのあとのゴミ拾いや片付けなど地元の人が忙しい中やってる。あーいうのはひとりきりではやってない。まわりに友達がいて大きな顔してるばかり。」

■OH! SUMMER QUEEN~夏の女王様~ / サザンオールスターズ

■チャコの海岸物語 / サザンオールスターズ

■原田芳雄さんについて

亡くなったから言うわけではないんだけど、私は松田優作さんが大好きで、松田優作さんが心の底から心酔したのが原田芳雄さん。宇崎竜童さんがおしゃってましたけど、原田さんはみんなが慕ってた。うたがうまい、ブルース以外に都々逸みたいのを聞いたことがある。松田優作さんのあのしゃべりかたや生き様などに優作さんまでもが共鳴したりシビレたりしてた。

■みんなのうた / サザンオールスターズ

■レディー・ガガについて

「レディー・ガガの緑の腋毛。いいよなぁ。自由だよなぁ。エロの表現って、日本人と外人でちがう。日本人がやるエロは独特の雅なものになる。ダンサーがヒップホップでやろうが。レディー・ガガは大胆で、彼女はピアノうまいでしょ。歌が太い。ちょっと黒っぽい。マドンナも尊敬してるんですけど、レディー・ガガありがとう。黒船によろこんでいる。」

■愛の言霊 / サザンオールスターズ

■あなただけを / サザンオールスターズ

せつないだけのロングバケーションのあとに2拍余る。そこが個人的にきにいっている。

■波乗りジョニー / 桑田佳祐

■勝手にシンドバッド / サザンオールスターズ

■可愛いミーナ / 桑田佳祐

■太陽は罪な奴 / サザンオールスターズ

■祭りのあと / 桑田佳祐

■明日へのマーチ / 桑田佳祐

■古の風吹く杜 / 桑田佳祐

7月16日ラジオ【生放送】

今夜はやらせなしの生放送

■宮城ライブについて

・いきさつは話せば長い
・GIPの社長とか宮城知事とか県民のかたとかお世話になった。
・「とにかくわたしも入院してて、声援いただいて、9月のライブでお役にたてたらとおもってる。」
・「最初実は、某K.K(小林克也)さんに、今年喜寿の77歳の、See You Next Weekの、今あんまり毛がなくなっちゃったけど、英語がしゃべれる、その人から電話がかかってきて、宮城県に行って、仙台行って、ギターいっちょう持ってやってくればなんていわれた。メガネかけたおやじ。それはかつやさんいい話だなぁと言った。あだ名が”かつやさん”スタッフが動いてくれて。【楽団ひとり】というのをやりたいなぁずっとといってた。パクリですけど。被災地みさせていただいたりしたりしましたし、メンバーも光栄にかんじている。みなさんたのしみましょう。」

■近況
「最近レコーディングを毎日やってて、まだレコーディングやってるのに、シングル発表しちゃってる。まぁ一曲は明日へのマーチは完成してる。あと2曲はまだ完成してない。発売まであと1カ月。」

■SO WHAT!? / 桑田佳祐
「セキスイハイムスーパーアリーナはこの度の震災でご遺体とお骨があり安置所といった場所だった。」
「過去にライブやって大好きだったの。」
「音楽の聖地みたいになるといいなとおもってみなさんといっしょにたのしみたいなぁと。」

■明日へのマーチ / 桑田佳祐
「宮城で歌える日を楽しみにしております。」

■レディー・ガガについて
「徹子の部屋とかスマスマとかミュージックラバーで見ました。あれが売れるのは健全。ほんとに人気が出たと思うし、先日アルバトロス、ホールインワンした有村さんとか、なでしこジャパンとか震災以降女の人が頼りになる。レディー・ガガという黒船は素晴らしい。」

■病気の話
「手術の時全身麻酔で20時間いわゆる仮死状態だった。死後の世界というかもし死んだとしたら、僕の体験的にいうと死んだら無だなと。すべてが無に帰するのではないかと思う。死んだ後の恨みとか怨念とかぼくは考えられない。」

■古の風吹く杜 / 桑田佳祐

■生歌:ふれあい / 中村雅俊
「雅俊さんは女川町出身なんですよね。」
「アミューズの女性社員とふれあいたいけど、コンプライアンスの壁がある。」

■銀河の星屑 / 桑田佳祐

7月9日ラジオ

この日の放送は23時10分頃からききはじめました。そのため最初の部分は聴けませんでした。生放送っぽかった。この前、立川志の輔の落語を初めてみにいった。という話しから聴けました。番組は大喜利。チームカウパーというネーミングでビクターの小野さんとマネージャー山内さんが登場してました。

■波乗りジョニー / 桑田佳祐

■明日へのマーチ / 桑田佳祐

■生歌スペシャルの際に近いうちにいいニュースがいくと思うよといった事について
・なんと8月17日にトリプルA面シングル。
・桑田さん「なんかやけになった?やけになってんでしょ?3曲?。」
・山内さん「Let’s try againは真の姿がみえてきたかんじ。」
・桑田さん「やけになってるとしかおもえない。ハダカDE音頭はイロモノでしょ。かなり。昨日もフルバンドでレコーディングした。トロンボーン4本、トランペット4本等々、イロモノですけど、まぁこれからもいろいろあるでしょ。ポツリポツリと。ハダカDE音頭ばかですね。この曲には実名がでてくる。現存する人。実名が。カップリングないの?だいじょうぶ?やけになっているとしかおもえない。」

■銀河の星屑 / 桑田佳祐
・桑田さん「志の輔らくご で伊能忠敬物語をやっている。プリミィブな機材をつかって測量したりしてた。千葉の伊能忠敬記念館にいってみたくなった。志の輔らくごは出し物があったりして泣ける。」

■Merry X’mas in summer / KUWATA BAND

■古の風吹く杜 / 桑田佳祐

■生歌:つぐない / テレサテン
番組の企画の大喜利が失敗だった”つぐない”らしい。

■現代人諸君 / 桑田佳祐

曽我淳一さんについて

桑田さんのニューシングルが発表になりました。3曲発表。しかもすべてA面とのこと。カップリングという位置づけの曲はないようですので、おのずと期待してしまいます。

1. 明日へのマーチ
2. Let’s try again ~kuwata keisuke ver.~
3. ハダカ DE 音頭 ~祭りだ!! Naked~

ラジオでの近況報告では常にレコーディングしている理由がはっきりしました。ライブのリハーサルなんてしているわけないでしょうし。たくさん作品を発表していただけるのは嬉しい限りです。

【Let’s try again】はオリジナル部分は昂揚感ある熱いメロディーだったり、イントロがかっこよかったりしたので、チームアミューズバージョンで消えていかずに、今回”フルコーラス書下ろしによる完全オリジナルバージョンで骨太なロックチューン”になったということでわくわくします。

そのチームアミューズによる【Let’s try agein】の歌詞カードで「Arrangiment:桑田佳祐&曽我淳一」とクレジットされてました。また、先日新曲【明日へのマーチ】をラジオで初オンエアーしたあとのクレジット読みあげにて、楽器演奏(うまく聴きとれなかった。チェレスタ?とか)で曽我淳一さんが加わっているようでした。最近のレコーディングでご一緒してそうな曽我淳一さんという方を知らないので検索してみました。

曽我淳一さんについて

曽我淳一ツイッターアカウント
トルネード竜巻というバンドを結成していた。
■所属レコード会社はビクターエンタテインメント・スピードスターレコードとのこと。
■1976年生まれ
■バンドでキーボードを担当
いずれ桑田さんの口から曽我さんについて語られるのが楽しみです。