月別アーカイブ: 2012年3月

3月24日ラジオ【棚からひとつかみ 新旧洋邦】

【生放送】

■近況

・風邪気味で体調悪い。
・幸せのラストダンスのPVをとった。奥さん役の女優・高橋恵子さんと共演できてすごく嬉しい。
・見つめあったりするシーンに溶けてしまった。

幸せのラストダンス / 桑田佳祐

YouTube再生リスト

ココ・テイラー / アイム・ア・ウーマン
Koko Taylor / I’m A Woman

・2009年に81歳で亡くなっている。
・60年代から活躍。
・シカゴブルースの女性歌手。
・アメリカの坂本スミ子

ラファエル・サディーク / デイ・ドリームズ
Raphael Saadiq / Day Dreams

・マネージャーの田中くんがくれたCDで影響を受けたいいアルバム【Stone Rollin’】
・トリオのトニ・トニ・トーンというグループ。
・ソロで独立して08年にスティービー・ワンダーをゲストに迎えて60年代、70年代のR&Bサウンドを蘇えらせたのがサード・アルバム【The Way I See It】

エリック・クラプトン / ハブ・エヴァー・ラブ・ド・ウーマン
Eric Clapton / Have You Ever Loved A Woman

私が一番愛しているアルバム【E.C. WAS HERE】
クラプトンで一番いいバンドはこのバンドです。

レイトン・ミースター/ ワーズ・アイ・クドゥント・セイ
Leighton Meester / Words I Couldn’t Say

・カントリーストロングという映画からの曲。
・内容はまぁまぁだったが音楽がすごく良かったのでサントラ盤買った。

ボブ・マーリィー / クッジュー・ビー・ラブド
Bob Marley / Could You Be Loved

・ドライブ中に聴く曲
・車は最近音吸い込んじゃうのが凄い。CD入れなくていい。
・車ん中っていうのは唯一ひとりの空間。
・曲作ったりしている。ICレコーダーを持ってて一人でふき込んだりしている。

広沢虎造 / 石松金比羅代参

・明治32年生まれ。
・浪曲師。
・ラジオで当時こういうのが流れてた。 「僕もなんかねぇ、そういう日本のなんか広沢虎造さんじゃないですけど、なんていうんですかねぇ、浮世絵だとか、春画だとか、葛飾北斎だとか、まぁそういう歌舞伎だ、能だ、長唄だというのと自分の歌とコラボしてみたいなぁと、そんなステージをやってみたいなぁなんていう夢がありまして、なんか民族同胞の為になんかステージ構成できたらいいなと思ってる。今日この頃なんですけど。」

ロバート・グラスパー・エクスペリメント / アフロ・ブルー feat.エリカ・バドゥ
Robert Glasper Experiment / Afro Blue feat.Erykah Badu

・田中マネージャーが持ってきてくれた。さりげなくいつも渡してくれる。こういうの知らなきゃだめだぞ。怠けるなよというメッセージを感じる。 ・【BLACK RADIO】というアルバムより。 ・ロバート・グラスパーはピアニストで1978年4月生まれ。 ・エリカ・バドゥは誕生日が一緒。僕好きなんですよ。

デイビッド・ギルモア / ディス・ヘブン
David Gilmour / This Heaven

俺好きなのこのアルバムが!
・2006年に発売された【On an Island】ソロでのサードアルバム。
・いろんなミュージシャンが参加している。この曲いいですね。

レオン・ラッセル / メドレー:ジャンピングフラッシュ
Leon Russell / Medley:Jumpin’Jack Flash/Young Blood

もう何回聴いただろうかなぁ、このアルバムをなぁ。生涯。ここの所が一番好きだった。ボブ・ディランもでてくるんだけど、バングラディッシュのコンサート。そこよくわかんなかったオレ。でもここが一番好きだった。」 「もうねぇ高校2年の時ですかねぇ、このアルバム。3枚組ででたの。もう毎晩聴いて。ほらうち親父と、お袋いなかったんでね夜。ひとりっ子だったんで。まぁ姉貴もいなくて。そうするとレコード大音量でかけてねぇ、今でいうエアギターじゃないけどさぁ、ひとりマジソンスクエアガーデン毎日ひとりでやってたんですよね。気がつくと親父たってたり急に帰ってきたりするんだけど。大好き。もう大好き。」

ジャニス・ジョップリン / サマータイム
Janis Joplin / Summertime

・27歳で亡くなる。
・あんまり聴かなかった。
・大学のとき自称のジャニスが多かった。関口の彼女がそうでした。原宿のジャニス。歌ったの聴いたことなかったけど、最後についに聴いた。ビックリした。ぶっ飛んだ。

SEA SIDE WOMAN BLUES / 前川清

・私が日本人の歌手で影響を受けたとしたらまずこの方なんです。前川清さん。
・まこっちゃん知らない所で仕事しやがって、できあがってから報告うけた。
・長崎生まれ。
・存在感のある、凄みのある歌手ってマーチンとか、クレイジーケンバンドとか前川清さんのような人はなかなかいない。

ロバータ・フラック / 恋を抱きしめよう
Roberta Flack / We Can Work It Out

・最近ビートルズの曲をカバーした。【Let It Be Roberta】より
・1937年生まれ。75歳。
・ユーチューブなんかで見ましたけども、楽しんでるよねぇ。

「身近な話っていうのは一番リアリティあるよね、歌にしてもね。うーん。とにかくねぇ、なんだかんだいって、惚れたはれたの話っていうのが一番、歌としては健全だと思うよ。セックスしてーよとか、あの女とやりてぇなぁーっていう歌が、基本的には一番哀しみの声であり、魂の歌声なんじゃないかと思うんですけども。

エリック・バードン&ザ・ウォー / スピル・ザ・ワイン
Eric Burdon&The War / Spill The Wine

「まぁオレも最近ねぇ、寂しい別れとかせつない別れがいくつかあったんだけども。うーん結婚する人も多いけどね。はじめる別れる、離れることのつらさ、いてくれた時のありがたみがねぇ、このいっぺんにこみ上げてくるでしょ?わかるよねぇ。結局、人生ってやっぱ、上がったり、下がったりだと思うんだなぁ。うーん、ほんと所詮ねぇ、生きてりゃとつらいこともあるけどさぁ、必ずいいこともあるんだよねぇ。長生きしてください。」

恋が喰べたいわ / あい杏里

・1970年、そうそうたる作家陣。

ボブ・ディラン / やせっぽちのバラッド
Bob Dylan / Ballad Of A Thin Man

私の大好きないろんなテイクがあって、ボブディラン。このテイクが一番好きなんです。
・【ノー・ディレクション・ホーム】より ・スタジオ録音では追憶のハイウェイ61に収録。
・ビートルズのヤー・ブルースの中のミスタージョーンズっていう歌詞はこの曲にちなんでジョンがいれたらしい。

マンハッタン・トランスファー / タキシード・ジャンクション
Manhattan Transfer / Tuxedo Junction

・もう好きだった。

3月17日ラジオ

【録音】
■お題
「卒業のシーズン…あなたの青春の光と影」

■幸せのラストダンス / 桑田佳祐

■ウルワシマホロバ / 原由子

■誕生日にファンからプレゼント

・DVDをもらった【ミート・ザ・ペアレンツ】
・コメディ、ある意味すごい映画。
・ロバート・デニーロとダスティン・ホフマンがかなりの汚れ役をやる、下ネタ満載の。尊敬します。

■CAFE BLEU / 桑田佳祐

■摂食障害に苦しんだ時期があった女性からの投稿へのレスポンス

「これは深いねぇ、深いというか、みんなそういう悩みがあるだろうからねぇ。多くの人が、うーん。まぁ俺もちょっとレベルは違うけど、消したい過去みたいものなんていっぱいあるよ。人生。ほんとねー、こう生きててねー、ふとねぇ、車なんか乗っててさぁ、急にさぁ、20年前、10年前のこと、うーん、自分の行動とかねぇ、誰かに言ったこととか、発言とか思い出しちゃうわけ。なんか。そうするとあぁーっぁってなるね。もう顔が変わるね。運転しながら。油汗がどぉーとでてね、まぁ失敗したなぁって思うんです。あの大失態は消したいなぁ、過去からって思うんですけどね。ほんといまだにもう、明日からは、ちゃんと頭使って生きようってね、いまだに思いなおす日々ですよ、私は。もうねぇ。自分で作った曲なんかもそうですけどね。なんであんな曲作ったんだろうっていう、そういう曲が何十曲もありますけどね。

■DEAR MY FREIND / 桑田佳祐

■生歌

蛍の光 / スコットランド民謡

「そういうことで、今日はあなたの青春の光と影をお送りしましたけども、えっー、これから新しい生活がね、始まる方々いっぱいいると思うんですけど、まぁひとつやふたつ壁にぶつかる事もきっとありますよ。人生ね。だけどあんまり無理しないでね。へこたれないでね、いただきたいと思います。まぁなんか好きな事見つけてさ、必ずあるからさ。とにかく生きてください。そういうことでね、私も今でも青春だと思ってます。ほんとに周りに自分の事見ててくれる人がいるって信じてくださいね。」

3月10日ラジオ【仙台Date fmから生放送】

【生放送】

仙台DATE FMより生放送
ゲスト:原由子
・グランディに行って、さくらの木を3本植えてきた。
・また仙台からツアーを始めたい的なつぶやきをしていた。

■明日へのマーチ / 桑田佳祐

■新曲発表

CAFE BLEU / 桑田佳祐

カフェ・ブリュ
・ブリュはマイルス・デイビスのビッチェス・ブリューとかの感じ。ブリューってフランス語で青。

■幸せのラストダンス / 桑田佳祐

■Let’s Try Again / 桑田佳祐

■TSUNAMIについて

・リスナーからの投稿で長文だけど引用します。
・昨年日本中を包んだ過剰すぎる自粛の嵐の中で【歌の自粛】もある中で年が明けてジャーナリストの上杉隆さんが、ラジオで語ったこと。
「昨年からずっとかけたい曲があったんです。ただ自分の心の整理がついてなくて、この曲をかけることが正直いって、できなかったのですが、年末にもう一回その歌詞を見直してみて、そしてもう一回じっくり聴き直してみたんですね。そして消化ができた所で、この曲をかけれるんじゃないか、むしろかけるべきなんじゃないかという思った曲なんです。実は3.11震災以降この曲は日本のすべてのメディアで放送自粛ということになりました。そして日本社会でもこの曲についていうのをいけないムードになっていました。でも歌詞をみると、これこそ3.11以降の被災に対して最も必要な曲なんじゃないか。そういう風に思ったんですね。これは今本当に必要な曲だ。そして3.11で犠牲になった方々、そして苦しんでいる方々へは実はメッセージ。そして命を落とした方々からの今を生きている2012年を迎えた私達にたいしての亡きメッセージ、忘れないでくれというそういうメッセージがこの歌詞にこもっているのではないかと思い、あえてかけたいと思います。サザンオールスターズ TSUNAMI。」TFM1月4日の放送より。

これについて桑田さんのコメント

「先ほどのメールね。TSUNAMIのメールね。本当にあの、上杉さんには御礼を言いたいですけどね。まぁとにかく私も色々葛藤もありました。あの震災直後。でまぁあの空気を読むわけじゃないんですけども、まぁいろんな被害だとか、被災された方とか、遺族の方達から、そん中にファンの方々もたくらんいらっしゃって、えーっまぁお手紙なんかをみているとね、やっぱりこの曲を歌う、、なんだろ、歌うモチベーションになかなか繋がらなかったというのがあってね。だからそういう意欲に繋がらなかったんで。で、上杉隆さんがほんと歌詞の内容のことも含めてね、今だからこそって言ってくれたことにはホント感謝するんですけど、ホントできたらこの曲ね、また多くの人がなんていうんですか、悲しみの記憶が薄れてね、心の傷が癒えてですね、でそのTSUNAMIをぜひサザンで歌ってくれと、でそういうムードというかまぁ空気がしてきたら、まぁなんていうのかな本当の意味での復興のね、象徴になるような思いでね、歌える日が来たらいいなって僕も思ってるんですけど、本当上杉隆さんありがとう。」

■生歌

月光の聖者達 / 桑田佳祐

3月3日ラジオ【生放送】

【生放送】

■テーマ

・お雛様創作ポエム劇場

■近況

「今なにやってるかというとね、もう3月になったね。うん。であのぉ、またまぁレコーディングやっててね、今日はハラボーっていう人のレコーディングもしてまして。」
・レコーディングしている所にさくらももこさんがきていただいた。スタジオに。女性スタッフを連れて。
・作者本人は綺麗で可愛い人、すごくいい人。
・昨日浅草に大里会長が演出した虎姫一座を見に行ってきた。

■デイビー・ジョーンズについて

・モンキーズのボーカル
・2月29日に亡くなった。
「俺が小学校6年ぐらいの時ね、もうなんの制約も人生なかった一番きままで自由な時代だったから、俺人生で一番すきな時代だけど。あの時テレビに出てきたのよモンキーズ。モンキーズショー。うーん、であの当時吹き替えの声優さんがいてね。おぼえてます?デイビー・ジョーンズはうっかり八兵衛のね、高橋元太郎さんだったんですよね。たしか。とにかく私の人生のアイドル。ボーカリスト。重要人物の一人でありまして。

自由になりたい / ザ・モンキーズ
I Wanna Be free / The Monkees

YouTube 再生リスト

ウルワシマホロバ~美しき場所~ / 原由子

・初オンエアー

■新曲について

・発売日未定の創作段階。
・タイトル「幸せのラストダンス」
・初オンエアー

■生歌

Woman / John Lennon

動画再生リストーYouTube

=========================

D&Mの新曲「幸せのラストダンス」第一印象感想
・イントロのピアノと生ギターの掛け合いが印象的。
・一番のAメロを生ギターと共にじっくり歌い上げる感じがいい。ぐっときた。
・Bメロのピアノとかドゥ・ワップっぽいコーラス(代通でも少し触れていた)で雰囲気が変わる所がおっ!?と思わせる。メロディは違う世界に迷いこんだ感じ。
・サビの最後で【Marry Me】と終わるのが新しさを感じさせる。
・間奏のギターソロの音が格別にかっこいい。